愛犬のリードは従来のタイプと最新の巻き取り式、どちらにすべきか

は古代より人間の最高の友としていつも傍らにいる存在ですが、現代では散歩のときなどリードが欠かせません。そこで新たに購入するとしたら、従来のリードと最新の巻取り式のリードでは、どちらを選ぶべきでしょうか。

比較してみましょう

従来の犬用リードと今風の巻き取り式リードのどちらかを選ぶとなると、検討すべき点が多々あります。どちらも犬を連れて散歩するとき使いますが、犬が飼い主のそばを歩く分には、それほど差はありません。でも犬の歩く位置が飼い主から離れるほど、2つの違いがはっきり出ます。

従来のリード

従来のリードはナイロン製か革製の紐で、先端に飼い主が手に持つ輪になったハンドル、反対の端には犬の首輪留めがついているのが一般的です。リードの長さ、サイズ、素材は多岐にわたり、自分のスタイルに合ったものを選べます。従来のリードにしておけば間違いは無いのですが、紐の長さが変えられないので犬を自由に走らせたいときは、ちょっと不便かもしれません。

巻き取り式のリード

巻き取り式のリードは、ハンドルの中に紐が巻き込まれて格納されるようになっています。たいていは10-25フィート(約3-7.6m)ぐらいまで伸び、内蔵型のロックボタンで飼い主が許容する距離より遠くまでペットが行かないようにできます。巻き上げ機というよりは巻き尺のような感じです。紐を巻き戻して犬を手繰り寄せることはできませんが、犬があたりを散策している間は紐をピンと張っておくことが可能。

また巻き取り式のリードは、散歩中に犬を自由に歩かせたい場合はとても便利です。広いオープンスペースで危険がほとんど無い環境で使うのが理想的。でも、便利な分だけ値段は高くなりますし、そこまでお金をかけるほどの価値はない場合が多いようです。

従来のリードは安全だが、長さが短い

従来のリードの方が犬を物理的にコントロールするのが楽です。リードが短いと危険な状況から犬を引き戻しやすいですし、路上でよその犬や別の動物や人間と遭遇したときも、犬のコントロールが可能。それに短いリードは犬の訓練を目的として使われることがあり、長いリードは巻き取り式リードと同じように、犬が自由に動けることが利点です。

さらに従来のリードは紐が絡まる危険性が無く、巻き取り式リードと違って木や人間にリードが巻きついてしまうこともありません。

とはいえ、一番の難点は長さが変えられないことです。6フィート(約1.8m)のリードは常に6フィート(約1.8m)のままなので、犬を自由に散策させることはできません。都会で散歩をするには良いリードですが、自然の中や広い野原で犬を自由に遊ばせるのには向いていません。

トラッキングリードあるいは訓練用リードと呼ばれるもっと長いリードを購入することもできますが、使い終わった後はくるくる巻いてまとめた形で持ち歩かなければなりませんし、犬に対するコントロールを強化したい場合に備えて短いリードも持っていく必要があります。Kurgo社のクォンタムドッグリードのような長さを調整できるリードはリードの長さを3-6フィート(約0.9-1.8m)に調整できるので、訓練や散歩に適していますが、犬を自由に散策させるのには必ずしも最適とは言えません。

巻き取り式のリードは便利な反面、危険でもある

巻き取り式のリードは屋外で犬を自由に散策させるのに適しています。従来のリードだと犬は飼い主から6フィート(約1.8m)以上離れられませんが、巻き取り式のリードだと飼い主は裏庭や公園で犬を自由に散策させながら、気楽にゆっくり眺めていられます。ロックボタンを使うとリードを好みの長さに調整できるので、町中では普通のリードと同じように使用することもできます。

それに、フラッシュライトやドギーバッグのホルダーがついているリードもあります。飼い主が何を求めるかによりますが、夜に散歩をする習慣がある場合や、犬の糞を入れる袋を持参するのを忘れがちな人には、あると便利な付属品です。

でも残念ながら、巻き取り式のリードは便利な反面、犬にも飼い主にも危険な点があります。事故がいつ起こるかは誰にもわかりませんから、飼い主の監督の及ぶ範囲からあまり離れたところまで犬が行ってしまうと、小さな事故が起こったりヘタをすると大変なケガにつながったりすることもあります。

緊急時にはどんなに急いでリードを巻き戻しても間に合いません。子供が犬に近づきすぎたとき、噛まれてケガをする可能性がありますし、よその犬にばったり出くわして、どちらの犬も大ケガをするかもしれません。また、犬を自由にさせると車や自転車や通行人の後を追いかけて、危険な口論や事故になりかねません。要するに、巻き取り式のリードは長くしすぎると犬にとっても人にとっても為にならないということです。

飼い主が巻き取り式のリードを手から落としてしまう可能性があるのも心配です。犬は硬いプラスチックのリードハンドルが自分に向かって飛んでくると思って、逆上するかもしれません

巻き取り式のリードは、犬がリードに慣れる訓練をするときも害があります。犬はリードを引っ張りさえすれば自由に動ける範囲が広がるとわかってしまうので、そのうちに困った行動をするようになるかもしれません。

さらに、巻き取り式のリードの使用中に指が切断されるという事故がいくつも報告されています。そこまでの事故は稀かもしれせんが、リードが急に巻き戻ったせいで、ロープの摩擦による火傷や深い切り傷を負う危険性は常にあります。

結論:安全第一で従来のリードに軍配

ほとんどの場合で、犬の散歩には従来のリードを選んだ方が良いでしょう。犬をしっかりコントロールできますし、巻き取り式のリード特有のケガのリスクも無く、犬の心身を害する危険も少ないからです。飼い主の手足が切断される事故や、20フィート(約6m)もあるナイロンのロープが身体に巻き付くような危険性もありません。

巻き取り式のリードは、車やよその犬との事故がほとんど発生しない野原や公園のようなオープンスペースで使用すべきです。街中での使用は不適切ですし、よその犬のそばで使うのもやめましょう。それでも巻き取り式のリードを使いたいときは、愛犬がどこを歩いているか常に目配りを忘れないようにしてください。

Sunday Showdown: Classic Leashes Vs. Retractable Leashes | Lifehacker US

Image: Krisztina Kobanyai / Shutterstock.com

Source: Lifehacker US, dogster, petful, Comsumer Reports

Source: lifehacker

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL