Facebookの動画プラットフォーム「Watch」は、どこまでYouTubeと張り合えるのか?

Facebookの動画プラットフォーム「Watch」は、どこまでYouTubeと張り合えるのか? 1Image: Facebook

アメリカ現地時間で水曜日、Facebookが新サービス「Watch」を発表しました。名前からつい腕時計端末を想像してしまいますが、まったく違います。FacebookのWatchは、新動画プラットフォームです。デスクトップ、ラップトップ、モバイル、テレビアプリに対応。まずは、アメリカの一部ユーザーにサービスを解禁し、その後順次拡大予定です。

そもそもWatchとは何なのでしょう。いい言い方をすれば、Facebook上でより動画を楽しむためのサービス。嫌な言い方をすれば、ソーシャルメディア企業がまた人の褌で相撲を取ってるな...と。ユーザーのコンテンツで企業収益をあげる新しい方法ですからね。まぁ、簡単に言えばFacebook版YouTube、またはNetflixなのでしょう。

Watchのコンテンツは、FacebookのパートナーがWatchのために制作するものです。パートナー製作者に入るのは、収益の55%。コンテンツは、「話題の動画」「爆笑作品」などのチャンネルを介して配信されます。どのチャンネルに属すことになるかは、ユーザーのリアクションしだい。もちろん、動画へのコメント機能もあり。

Facebookの動画プラットフォーム「Watch」は、どこまでYouTubeと張り合えるのか? 2
Image: Facebook

Watchのプレスリリースとともに公開されたスクリーンショットがこちら。なかなかスタイリッシュなデザインです。ただ、この時点で、YouTubeやSnapchatキラーとなるかと問われると、別にと言いたくなる感じ。つまり、特に他者既存サービスから大きく異なる特徴は見られない、と。

パートナーがコンテンツを提供することはわかりましたが、一体どんなものがあるのでしょう。現段階で公開されているのは、例えばこんな番組です。仕事をやめて世界中を旅しながら1分動画を作る『Nas Daily』、それぞれのコミュニティに貢献している人々をとりあげ、彼らのために何かをする『Returning the Favor』、週1のメジャーリーグ中継。そのほか、子どものクッキング番組にFBユーザーとのトーク番組。NASAの科学番組やNational Geographicのサファリ番組なんかもあります。

面白そうねってのもありますが、特に真新しいものはなし。というか、すでにYouTubeで見たことあるような番組です。だとすれば、既存の動画プラットフォームからどうやって人を引き込むのでしょう。YouTubeにすでに慣れしたしんだユーザーが、Watchに目を向けるには何かパンチが必要です。さらに、Facebookでは、すでにFacebook Liveで動画ライブ配信ができるし、動画をTwitterや他ウェブサイトなどに貼り付けることができます。ならば、Watchというプラットフォームの必要性とは何なのでしょう。まあ、Facebook自体もそんなこと言われなくてもわかっていると思うので、今後どんなコンテンツや機能がでてくるか楽しみです。

ただね、Facebookはこういうのヤリガチな印象があるんですけどね。他で成功したサービスの類似品を、Facebookでとりあえず出してみるというのです。ちょっと出してみて、ダメならさっさと引き上げます。例えば、 高校生限定と掲げたSnapchatに似たアプリ「Lifestage」、グループでのやりとりをより簡単にできるメッセージアプリ「Facebook Groups」も、リリースからわずかな期間で廃止されました。チャレンジ精神旺盛といえばいいのか、数打ちゃ当たるってなもんなのか、根拠のない自信があるというべきなのか。とりあえずなんでもやってみたいのがFacebook。

さて、Watchはどうなるのでしょう。数々のやってみたプロジェクトと同様に短い命で終わるのか。それとも会社の大ヒット商品となるか。未来は誰にもわかりません。ただ、見た目がいいプラットフォームってだけじゃ人は集まらないというのは、Facebookの中の人も含めてわかっているんでしょうけどね…。

終わりの始まり…? 独自言語で話しはじめた人工知能、Facebookが強制終了させる

Image: Facebook
Source: Facebook

Tom McKay - Gizmodo US[原文
(そうこ)

Source: Gizmodo

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL