「iPhone 8は11月発売」説が浮上

「iPhone 8は11月発売」説が浮上


8月10日に関係者から聞いた話を元に、iPhone 8の背面はデザインが未決定で、発売は11月になる、と『THE INVESTOR』が報じています。

Touch IDの画面内蔵化を断念、背面に搭載?

関係者の話によると、Appleは当初、iPhone 8の画面に指紋を読み取るTouch IDセンサーを内蔵する計画でしたが、技術的な課題が原因で断念した可能性があるそうです。

さらに、iPhone 8の背面のデザインはまだ決まっていない、と関係者は話しています。デザインが決まっていないのは、背面にTouch IDセンサーが搭載される可能性があるからではないか、とTHE INVESTORは推測しています。

否定的な意見も

このニュースに対して、Appleの噂を扱う大手サイト『9to5Mac』は否定的です。

KGI証券のMing-Chi Kuo氏や『Bloomberg』といった信頼性が比較的高いアナリスト・メディアが、Touch IDセンサーの代わりに顔認証「Face ID」が採用される、と予測・報道していることを理由に挙げています。

Kuo氏は、9月にiPhone 7s・iPhone 7s Plus・iPhone 8が同時に発売される、と予測しています。

Face IDについては、名前はともかく、その機能の存在はAppleが今冬に発売する『HomePod』のファームウェアから判明しているので、導入される可能性は高いです。

しかしTHE INVESTORの記事では、この点には言及していません。情報源である「関係者」はAppleの内部事情に詳しい人物だと推測できますが、Face IDに言及しないのは不自然にも思えます。

参考

Source: Appbank

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL