我が体内で病と闘うドラゴンの血…? コモドドラゴンの血液から新種の抗生物質発見か。その名も「DRGN-1」

我が体内で病と闘うドラゴンの血…? コモドドラゴンの血液から新種の抗生物質発見か。その名も「DRGN-1」

オレには、ドラゴンの血が流れている…まで余裕で妄想。

The Sydney Morning Heraldによると、アメリカのジョージ・メイソン大学の研究者が先日、新種の抗生物質を発見した可能性があると発表しました。その発見もとっていうのがまた、恐竜の生き残りかと思わんばかりの体と、単為生殖も可能という生命力から、ある意味「地球上最強」とも謳われるコモドドラゴンの血液中。加えて、その名も「DRGN-1(ドラゴン-1)」っていうんですから、中二病以外こじらせようがない状況となっています。

研究者チームは皮膚が細菌に感染したマウスでの試験において、DRGN-1が細菌を破壊し皮膚の治癒を促進していることを発見。科学誌に論文を発表し、現在は製薬会社からの援助を待っているそうです。

元々、コモドドラゴンの口の中には数十種類の細菌が存在すると言われています。その威力は強烈で、一度噛みつけば自分より体の大きい獲物も仕留め、コモドドラゴンの食べ残しを食べた他の動物も死ぬという話もあるほど。そんな毒々しい生き物から、傷を癒やすという真逆の物質が検出されたのも驚きですよね。

ちなみにコモドドラゴンは絶滅の危機に瀕しており、生息地であるインドネシアでは神聖な生き物と考えられているため、研究者たちは血液のサンプルを取るのに麻酔を使うことすら許されなかったそうで、まさに命懸けの調査となっていたようです。

はたしてこの新物質にどれほどの効力があるのかはわかりませんが、「ドラゴンの血」ってだけで、傷が治るどころかラスボスも倒せちゃうんじゃないかという期待感だけはマックスです。

脳卒中の特効薬になるかもしれないのは、クモの「猛毒」
タスマニアデビルの母乳が抗生物質の効かない耐性菌「スーパーバグ」の対抗手段になるかも

image: Wikipedia
source: The Sydney Morning Herald

(渡邊徹則)

Source: Gizmodo

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL