【注意】Anker製品の偽造品が出回っています

【注意】Anker製品の偽造品が出回っています


モバイルバッテリーで有名な「ANKER(アンカー)」の日本支社アンカー・ジャパンが、Anker製品を模倣した偽造品が一部の店舗において取り扱われている事例を確認したと発表しました。

今回確認されているのは、Amazon、楽天市場、Yahoo! ショッピングの一部店舗です。

偽造品が確認できているAnker製品は以下となります。

  • Anker PowerCore 20100 (メーカー型番:A1271012)
  • Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9m (メーカー型番:A8111021)

アンカー・ジャパンは、見た目の違いを比較しているので、該当製品をお持ちの方は1度確認してみましょう。

偽造品に注意!見た目の違いを確認しよう

Anker PowerCore 20100

「Input」および「IQ」のフォント

偽造品はポート部分のフォントサイズが正規品に比べて大きく刻印されています。

▼左:正規品、右:偽造品▼

2017-0508_Anker - 1


端子の向きと色

偽造品は端子の位置が逆(下向き)であり、また色がグリーンになっている場合があります。

▼左:正規品、右:偽造品▼

2017-0508_Anker - 2


マークと材質

偽造品には底面にマークが印字されています。また、底面の縁に使用されている材質が異なります。

▼左:正規品、右:偽造品▼

2017-0508_Anker - 3


トラベルポーチのサイズ

偽造品はPowerCore本体をきちんと収納できません。

▼左:正規品、右:偽造品▼

2017-0508_Anker - 4


Anker PowerLineライトニングUSBケーブル0.9m

端子の形状

偽造品は端子の形状が異なります。

▼左:正規品、右:偽造品▼

2017-0508_Anker - 5


「PowerLine」の印字の有無

偽造品には「PowerLine」の印字がありません。

▼左:正規品、右:偽造品▼

2017-0508_Anker - 6


シリアルナンバーの印字の有無

偽造品にはシリアルナンバーが印字されていません。

▼左:正規品、右:偽造品▼

2017-0508_Anker - 7


ケーブルの太さと色

偽造品の方が太く、より白くなっています。

▼上:偽造品、下:正規品▼

2017-0508_Anker - 8


パッケージの表示・レイアウト

偽造品のパッケージの表示やレイアウトは正規品と異なっています。

▼左:正規品、右:偽造品▼

2017-0508_Anker - 9


▼左:正規品、右:偽造品▼

2017-0508_Anker - 10


カスタマーサポートに関するマニュアルの表記

吹き出しの中の「★」と「・」

偽造品の吹き出しの中は「・」となっています。

▼左:正規品、右:偽造品▼

2017-0508_Anker - 11


カスタマーサポートの問い合わせ先の表記

偽造品はカスタマーサポートの問い合わせ先の表記が異なっています。

▼左:正規品、右:偽造品▼

2017-0508_Anker - 12


正規取扱店舗で購入しましょう

Anker製品を購入する場合は、正規取扱店舗にて購入するようにしましょう。

オンライン直販店は以下の通り。

  • AnkerDirect(Amazon店)
  • アンカー・ダイレクト楽天市場店(楽天市場店)
  • AnkerDirect(Yahoo!ショッピング店)

家電量販店や専門店などの正規取扱店舗はAnkerの公式ページより確認しましょう。
Anker | 正規取扱店舗ご案内

もちろんAppBank Storeで取り扱っているAnker製品は正規品となっています。
Anker製品を購入したい方は、正規取扱店舗やAppBank Storeで購入しましょう。

アンカー・ジャパン製品一覧

参考

Anker製品の偽造品に関するご注意|アンカー・ジャパン株式会社のプレスリリース

Source: AppBank

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL