『三国炎血伝』で対人戦の快感に目覚めちゃった! 初心者必読の攻略Q&A[PR]

sanngokuenketsuden_jizen - 1


©jedi-games

城を育てて武将を育て、天下統一を目指す!

こういう大人数で覇を競い合うゲームって楽しいんですけど、僕は他のプレイヤーを相手にした対人戦って、ちょっと苦手なんですよね。
他のプレイヤーに攻撃されることにも、少し抵抗感がありますし。

そんな自分が、『三国炎血伝』で対人戦の楽しさに目覚めちゃいました!自分でも不思議!!

sanendn - 1
sanendn - 2


その理由とあわせて、『三国炎血伝』の遊び方やゲーム内容を紹介していきます。
食わず嫌いという言葉がありますが、対人戦がちょっと苦手という人ほど、遊んでみてほしいゲームです!

ゲーム内容はRPG寄りのシミュレーション

『三国炎血伝』は、その名の通り、三国志を題材としたシミュレーションです。

プレイヤーは魏・呉・蜀の3つの陣営のいずれかに所属し、自国を大陸の覇者とするために自分の城を育てていくことに!

sanendn - 3
sanendn - 4


sanendn - 5


まずはゲームの流れを簡単に紹介しましょう。

▼STEP1:施設を育てる▼

自分に与えられた城や町は、最初は施設が少なくてスカスカ……。
でも、ゲームを進めると新たな施設がどんどんと増えていき、にぎやかになっていきます!

sanendn - 6
sanendn - 7

ここでポイントとなるのは、チュートリアルがとても充実していること

最初のうちは指示に従って施設を育てていくだけで、いろいろなゲームシステムをレクチャーしてもらえます。
しかも、その目標を達成するとどんどん報酬がもらえるので、一石二鳥!

sanendn - 8a


施設の建築やレベルアップには、木材や食料といった資源の他、実時間の経過も必要となります。
最初のうちは数分でレベルアップできますが、レベルが上がると数時間、数日ほどかかることも。

いろいろと時短の手段はありますが、基本的には空き時間に施設のレベルアップを進めておき、その間にダンジョン探索など、別のことをやるゲームサイクルになります。

自分の場合は、朝起きたらまず1〜2時間くらいで完了する施設のレベルアップを始めて、お昼休みや夕方など、数時間おきに状況を確認。
そして、寝る前には7〜8時間くらいかかる重めの施設のレベルアップをしておき、睡眠時間を無駄にしないように遊んでいます!

▼STEP2:ダンジョンを探索して武将を増やす▼

バトルの際には、最大4人の武将でパーティを組めます。
ゲーム開始時は2人までですが、太学院という施設で研究を行い、「初級統率力」や「中級統率力」を解放することで編成人数が増えていきます

sanendn - 9
sanendn - 10


兵種は歩兵(剣)・騎兵・弓兵の3種類で、歩兵は弓兵に強く、弓兵は騎兵に強く、騎兵は歩兵に強く……と三すくみの関係になっています。

【3つの兵種の特徴】
・歩兵:防衛に長け、弓兵に強い。
・騎兵:突撃に長け、歩兵に強い。
・弓兵:遠距離攻撃に長け、騎兵に強い。

そして、登場する武将は、もちろん三国志でおなじみの武将たち!
武将は主に、ダンジョンで敵を倒すことで仲間にできます。

sanendn - 11
sanendn - 12


このダンジョンはストーリー仕立てになっており、三国志の名場面を思い出しながら遊べるものとなっています。
最初は黄巾の乱の張梁や張角と戦い、劉表や魏延なども登場!

キャラクターグラフィックは重厚感があり、非常に美麗なものとなっています。
硬派なだけでなく、ナビゲーターの女性キャラクターは美しく描かれているので、今後は女性武将の登場にも期待したいところ!

sanendn - 13
sanendn - 14


ダンジョンを攻略していく感覚はまさにRPGといったところ。
武将を育てて強敵を倒していき、有名武将を仲間にしていくのはとても楽しく、本作を遊び続ける大きなモチベーションとなっています!

▼STEP3:ワールドで他国と陣地を奪い合う▼

プレイヤーの分身である主公のレベルが45になると、国戦機能が開放。マップ上のNPC城を侵攻できるようになります。

sanendn - 15


ここからが、『三国炎血伝』の楽しさの真骨頂!
自分が所属する国のために、同志と力を合わせて他国の陣地を奪い取る!

逆に敵国のプレイヤーが増援にやってきて、邪魔をすることも多々あります。
時には敵味方合わせて数十人単位での大軍同士の戦いとなり、大いに盛り上がります!

sanendn - 16
sanendn - 17


時期によっては皇城血戦と呼ばれる、国の全勢力を巻き込むレベルの大規模な戦争イベントも行われます。

自分が育てた戦力を存分に活躍させられる機会が多いので、対戦系のゲームが好きな人には特にオススメです!

sanendn - 18
sanendn - 19


国戦への参加方法はとても簡単。画面左に表示される「国戦」のアイコンをタッチすれば、戦闘中の場所が表示されるので、そこで「国戦」を選び、出陣武将を設定するだけ。
敵味方の進軍の模様も見られるので、臨場感があって楽しいです。まあ、敵軍の参加が多い時には、軽い絶望感を受けることもありますけどね(苦笑)。


sanendn - 20a
sanendn - 21a


ちなみに、戦場まで移動するためには時間がかかるので、あまり遠いと戦いに間に合わないこともあるのでご注意ください。

sanendn - 22


もう一点、基本的に自分が所属している場所は「郡」で区分されており、別の郡の国戦には参加できません。例えば、自分が下邳郡にいる時、敦煌郡で行われている国戦には参加できません。
「国家チャットで国戦や増援の話が出ているのに参加できない!」なんて時は、たぶん郡が違うからです。

基本的には郡単位でのプレイとなるので、フレンドを作る時などには、同じ郡の人に声をかけるのがオススメです。

「対戦」よりも「協力」がおもしろい!

このように本作では、ライバルとなるのも味方となるのも、自分以外のプレイヤーです。
コンピュータ相手ではない対人戦はかけひきの楽しさがあり、さまざまなドラマが生まれる楽しさがあります。

ただ、人間相手にガンガン戦いを挑むことに、ちょっと抵抗がある人もいると思うんですよね。僕もそうなんですけど。

でも本作は、個人対個人ではなく、国対国の戦いがメインとなっています。
戦うことに明確な目標があるので、そこに参加しやすいんですよね。自分のためでなく、みんなのために戦っている!みたいな。

sanendn - 23


それに、「この陣地を奪いたい!」という目標に対して、複数のプレイヤーが協力することになるので、その呼びかけや作戦会議もまた楽しい!
フレンドからの呼びかけに答えて軍を派遣して、接戦の時には各自が自分の知り合いにも呼びかけていく流れができるんですよね。

「対戦」って、戦う相手のことを考えて倒し方を考えるじゃないですか。
それに対して「協力」って、対戦相手よりも、仲間たちのことを考えて動くのが楽しいじゃないですか。
『三国炎血伝』の楽しさは、断然後者=協力プレイの楽しさなんです!

その前提で対人戦のシステムを見ていくと、大人数が参加できる=より多くのプレイヤーとの関係性が生まれるので、本当に楽しいんですよね!
登場するのが三国志でおなじみの場所や武将ということで、共通の話題を作りやすい部分もありますし。

もちろん、やり込み派のプレイヤーはランキング争いで個人戦も視野に入れて遊んでいると思いますが、個人的には協力プレイ中心で楽しく遊んでいます!

プレイ前に必読!絶対役立つお得な情報をチェック!

『三国炎血伝』はプレイ後48時間は他プレイヤーの攻撃から保護されたり、低レベルの間限定のお得な機能があったりと、初心者に優しい作りになっています。
そんな初心者必見のお得な情報を紹介します!

お得要素1:プレイ開始後48時間は他人に攻撃されない!

ゲーム開始から2日間(48時間)は城保護バリアがはられ、プレイヤー同士の戦争や資源の奪い合いに巻き込まれずにすみます!
安全な間に城の開発や武将の育成を進めましょう!

お得要素2:レベル50までは弟子入りが便利!

レベル50未満の間は、レベル50以上のプレイヤーに弟子入りすることができます。
弟子入り成功後は初心者パックをもらえる他、アイテムと交換できる師弟ポイントも獲得できます。

師匠のメリットは、弟子のレベルが上がると師弟ポイントなどの報酬を獲得できること。win-winってやつですね!

sanendn - 24
sanendn - 25


師匠にできるのは1人だけですが、弟子の登録枠は30人までなので、弟子入りしやすいはず。
周囲に声をかけ、早めに師匠を見つけて、頼りにしましょう!
できるだけ同じ郡のご近所さんに声をかけるにがポイントです。

そして自分がレベル50になったら、弟子をとってゲームのことを教えてあげましょう!

お得要素3:1000元宝消費で15000元宝バックがお得すぎる!

画面右の「ゲームイベント」から確認できる「成長計画」では、1000元宝を消費することで最大15000元宝が戻ってきます。15倍!素敵‼︎

sanendn - 26


元宝バックの条件は主公のレベルを上げること。
15000元宝を獲得するためにはレベル145の達成が必要なので、そこまで獲得するのはさすがに厳しいところ。
でも、レベル45まで上げた時点で1500元宝のバックがあるので、あっという間に元が取れます!

お得要素4:長く遊びたい時は月額的な月カードがオススメ!

通常は240円で100元宝ですが、「月カード」は720円で毎日100元宝×30日=3000元宝をもらえちゃう!
気長にじっくり遊びたい人にとっては、絶対にお得!
自分はプレイ初日に迷わず月カードを購入しました!

お得要素5:メールで届くログインボーナスをお忘れなく!

本作のログインボーナスは、ゲーム内のメールで届きます。
ログインボーナス以外のイベント報酬などが届くこともあるので、メールチェックはこまめに!

sanendn - 27


これだけは知りたい!初心者向けの攻略Q&A

Q:どんな施設や技術研究を優先すればいいの?
A:武将の戦闘参加人数を増やせる「初級統率力」が最優先!

施設については、食料を生産できる農地のように資源を回収できるものや、兵を集められる兵営系の施設を優先しましょう。
それほどレベルアップ時間がかからないことが多いので、隙あらば、どんどんとレベルを上げていきましょう!

また、何をするにも拠点である「官府」のレベルが要求されることが多いので、こちらも優先してレベルアップしましょう。
ただ、農地などと比べてかなり時間がかかるので、腰をすえて育成していきましょう。

sanendn - 28
sanendn - 29


技術研究は、何はなくとも「初級統率力」の獲得が最優先!バトルでの武将の参加人数を増やせるので、戦いが一気に楽になります!
ただし、「初級統率力」を研究するためには、太学院のレベルを7まで上げ、事前に「初級召兵術Lv.1」を獲得しておく必要があります。

Q:施設を育てるための時間を短縮したい!
A:無料の「加速」を忘れずに。VIPレベルを上げると、より効率的に!

施設を育成するのに必要な時間は、その際に表示される「無料(加速)」をタップすることで短縮できます。
基本的には「5分」短縮なのですが、VIPレベルが上がると、どんどん短縮時間がのびていきます。
参考までに、VIPレベル6で30分、VIPレベル12で60分も短縮できます!

sanendn - 30a
sanendn - 31


その他、アイテムを使って時間を短縮することもできます。
ゲームを進めるとそれなりに入手できるので、数分レベルの短縮アイテムはどんどん使ってよいと思います!

ちなみにVIPレベルはログインボーナスなどでもらえる他、ショップでの課金でも獲得できます。
本作ではアイテムが期間限定の特価で販売されることも多いので、お買い得なチャンスを見逃さないように!

Q:武将を楽に育てる方法は?
A:ダンジョン探索の「掃討」でさくさくレベルアップ!無料の「武将優化」の底上げも大事!!

武将の経験値稼ぎはダンジョンで行うことになります。
その際、各章節の最後のステージで★3の評価をとると、そのダンジョンで「掃討」が可能に。

sanendn - 32
sanendn - 33


「掃討」は通常の5倍の体力が必要になりますが、バトル5回分の結果を得られます。
体力の余裕次第ですが、体力が余っている時は「掃討」でさくさくレベルを上げちゃいましょう!

ちなみに、隊列が悪いとお目当ての武将が戦う前に敵を全滅させてしまい、経験値がもらえないことも……。
戦闘前に隊列変更ができるので、経験値がもらえない時は隊列を調整してみましょう。

そしてもう1つ、武将の強化で大事なのが、ステータスを底上げできる「優化」です。
「優化」は有料版のものだけでなく、無料で行えるものもあります

sanendn - 36
sanendn - 37


「無料優化」は一定時間で使用回数が回復するので、どんどんとお気に入り武将を強くしましょう!

Q:より詳しいゲーム内容を知りたい時は?
A:城壁の中にある「ヘルプ」をチェック!

『三国炎血伝』にはたくさんのシステムが用意されており、遊び方の幅が広いゲームです。
一気にすべてのシステムを覚えるのは大変ですが、ゲームに慣れてきたら、「ヘルプ」で確認しましょう。

sanendn - 34a
sanendn - 35


「ヘルプ」は、城内の官府の隣にある建物で確認できます。壁にカタカナで「ヘルプ」と書かれているところが、個人的にツボです(笑)。

まとめ:1人でマイペースに遊ぶのもオススメです!

仲間と力を合わせつつ、自分が育てた武将たちで他国と戦う対人戦は本作の大きな魅力!
対戦や協力プレイが好きな人には気に入ってもらえるゲームだと思います。
三国志のファンなら、なおさらのこと!

sanendn - 38
sanendn - 39


それに加えて、個人的には城をちまちまと大きくしていくことや、武将を集めて強くしていくという、1人用RPG的な遊び方ができるところも高評価

こういう大人数が一緒に遊ぶゲームだと、他のプレイヤーから攻め込まれることが普通ですが、本作は拠点の奪い合いがメインということもあり、比較的平和に遊べるところもうれしいです。

個人差はあると思いますが、「対戦」はちょっと苦手という人でも、「協力」の楽しさを味わえる対人戦ゲームとなっているので、ぜひ気軽に遊び始めてみてください!

僕(プレイヤー名:そめやん)は呉の雁門郡でまったり遊んでますので、機会があればよろしくです!

sanendn - 40


『三国炎血伝』の公式サイトはこちら!→『三国炎血伝』公式サイト

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL