待っていた原点回帰。FPS『コール オブ デューティ ワールドウォーII』トレーラー

待っていた原点回帰。FPS『コール オブ デューティ ワールドウォーII』トレーラー 1

さまざまな時代と国を舞台に、2003年からシリーズ化されてきた、ミリタリーFPS『Call of Duty(コール オブ デューティ)』シリーズの最新作『コール オブ デューティ ワールドウォーII』のトレーラーが公開されました。本作の舞台は、原点回帰となる第二次世界大戦です。

動画はPlayStation Japanより。

2003年のシリーズ第一作から始まった『コール オブ デューティ』の歴史ですが、シリーズ4作目からは『モダン・ウォーフェア』という副題とともに、現代戦や冷戦を舞台にした『ブラックオプス』などが始まり、最近では近未来線にまで舞台を映しています。2016年には、宇宙で激闘を繰り広げる『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』が発売されました。

3作目までは第二次世界大戦モノFPSのシリーズだったのが近代戦に舞台を移した背景には、ライバルシリーズであった『メダル・オブ・オナー』や、他のFPS作品の舞台の多くが第二次世界大戦であったことが大きいと思われます。

その後、『Call of Duty』に次いで『メダル・オブ・オナー』も現代戦に舞台を移し、(ストーリー性のあるシングルプレイが当初無かったため、そもそもライバルではなかった)『バトルフィールド』シリーズもまた、第二次世界大戦からベトナム戦争、現代戦、(なぜか戦争者ではなく)警察モノ、そして最新作では時代を100年大きく遡り、第一次世界大戦が舞台となっています。

待っていた原点回帰。FPS『コール オブ デューティ ワールドウォーII』トレーラー 2

久々に戦争FPSの中で目にすることとなったノルマンディー上陸作戦は、現代のグラフィックでこれまで以上に生臭く、まるで映画のように描かれています。日本公式サイトによれば、本作でプレイできるのはノルマンディーからヒュルトゲンの森の戦いまでとのこと。

待っていた原点回帰。FPS『コール オブ デューティ ワールドウォーII』トレーラー 3

ドラマチックなシングルプレイはもちろんですが、マルチプレイも用意されています。前作が宇宙戦だったことに対する皮肉なのか、「地に足をつけて戦うマルチプレイヤー」であることがアピールされている他、明言はされていないものの、協力プレイモードの画像を見る限りではおなじみの「ナチゾンビ」モードもあるようです。

待っていた原点回帰。FPS『コール オブ デューティ ワールドウォーII』トレーラー 4

製作は『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』、『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』を担当した、Sledgehammer Gamesとなっています。『コール オブ デューティ ワールドウォーII』(PC、PS4、Xbox One)は2017 年11月3日(金・祝)に発売予定です。
もっと読む
ポケモンたちを撃って、ぶった切るクレイジーなFPSが実現!?

image: © 2017 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY WWII are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.
source: YouTube via Call of Duty: WWII

abcxyz

Source: Gizmodo

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL