2017年に悪質なAndroidアプリは70万個以上削除されている

スマートフォンを便利に使おうと思うと、カーナビアプリで目的地までの経路を案内してもらったり、新幹線の乗車予約をアプリから行ったり、ゲームで世界中の人々と対戦したり、自身のタスク管理にアプリを使用したりと、用途に合ったアプリをインストールして使う必要があります。しかし、公式のアプリストアでマルウェア入りのアプリが配信されていたというケースもあるため、便利だからといって見慣れない海外製のアプリにまで手を伸ばすのは躊躇してしまうところ。Googleはそんな心配をせず、Android向けのアプリストアであるGoogle Playからガンガンアプリをインストールしてもらうべく、長年にわたって信頼性の低いアプリやマルウェアなどを含むアプリの撲滅に向けた取り組みを行っています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL