2つの太陽系外惑星を発見した機械学習の手法が公開される

GoogleのエンジニアであるChris Shallueさんは機械学習を使ってケプラー宇宙望遠鏡のデータを分析し、2つの太陽系外惑星を発見しました。その分析に用いられたコードがGitHubに登場し、誰でも利用できるようになっています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL