130年以上昔にボトルに入れて流した手紙が発見される

西オーストラリア州の浜辺近くにある砂丘を散策していたトーニャ・イルマンさんは、1本の古いボトルを見つけました。ボトルの中を開けると中には濡れた紙が入っていたそうで、家に帰り、オーブンを使って乾燥させたところ、これは遠い昔に瓶に入れて流された手紙であることが明らかになりました。その後、専門家に鑑定してもらったところ、この手紙はなんと130年以上前にドイツの船から流された手紙であることが判明しています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL