長距離の配送を短時間で可能にするアメリカの大手運送会社の物流ネットワークの実態がわかるムービー

FedEx やDHL、UPSなどの大手運送会社は、アメリカ国内の運送だけを考えても、国土の広さから長距離となりがちです。これにも関わらず、フロリダ州にあるマイアミから17時に出荷した荷物をアラスカ州のアンカレッジで朝8時30分に受け取れる物流ネットワークを築いており、さらに、海外への荷物の輸送も可能です。YouTubeで世界の地理や経済関連のムービーを多数公開しているWendover Productionsチャンネルのムービーを見ると、アメリカの大手運送会社の物流ネットワークの実態がわかるようになっています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL