長いURLに含まれる余計な文字列を自動的に削除してくれる拡張機能「Tracking Token Stripper」

広告やメールで送られたURLをクリックすると、URLの末尾に「utm_~」から始まる文字列(パラメータ)がくっついていることがあります。しかし、URLをそのままブックマークしたりSNSで共有しようとすると、URLが本来のものよりも長くなってしまい、その都度パラメータの削除が必要になることも。FirefoxとGoogle Chromeで利用できる拡張機能「Tracking Token Stripper」は、リンクをクリックした時に自動的に「utm_~」のパラメータを排除してリダイレクトしてくれるので、いちいちURLを編集する手間が省けてお役立ちです。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL