近くて遠い星「月」を4K高画質で巡るNASAのムービー「Tour of the Moon in 4K」

地球から約38万km離れた宇宙に存在する月は、人類にとって最も近いところにありながら、なかなか簡単に到達することができない天体です。NASAが有人月探査と有人火星探査を実行するための情報収集のために2009年に打ち上げた探査機ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)は高性能なカメラで月の表面を撮影し続けており、その画像をもとにNASAは月の主要ポイントをめぐる4K画質ムービー「Tour of the Moon in 4K」を公開しています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL