身長約15cmのエイリアンのミイラとされていた物の正体が判明

2003年にチリのアタカマ地方で身長約15cmのミイラが発見されました。このミイラは骨格が非常に発達しているものの、通常の人間なら24本ある肋骨が20本しかなく、また細長い頭蓋骨を有していたことから地球外生命体のミイラではないかと考えられていました。研究者がDNAを調査したところ、ミイラの正体が人間であったことが判明したとのことです。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL