藍染め体験イベントに中村繪里子さんらが参加、美しい藍色のシャツを染め上げる

徳島県では平安時代から「藍」の栽培が行われていたそうです。戦国時代になると鎧下を染めるために藍の需要は高まり、天正十三(1585)年に設置された徳島藩では「阿波藍」が財政を支える存在となっていきました。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL