苦すぎるかぼちゃやキュウリなどは中毒を起こしおう吐や脱毛症を引き起こす可能性がある

植物には自分の身を守るためにシュウ酸やソラニンといった毒を微量に含むものが多く存在し、特にズッキーニやカボチャなどウリ科の野菜にはククルビタシンというステロイドの一種が含まれており、食べるとおう吐や下痢といった症状を引き起こすことがあります。カボチャが食卓に上がって「毒」と考える人は少ないはずですが、カボチャのスープを飲んで最終的に脱毛症を患ったという症例が報告されました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL