自殺者の遺体を映したムービーで大炎上したYouTuberローガン・ポールが「自殺防止を訴えるムービー」を投稿

2018年1月、アメリカの人気YouTuberローガン・ポール氏が青木ケ原の樹海で自殺した男性の遺体を撮影したムービーをアップした出来事は、非常に大きな炎上騒ぎとなって世界各国のニュースに取り上げられました。ポール氏はそれ以前にも悪ふざけをしたムービーを投稿していましたが、遺体を撮影の道具として利用するその姿勢が人々の怒りを招いた結果となっています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL