自動運転貨物列車のテストが2018年内にスタート、鉄道の自動運転としては異例の150km以上の長距離に挑むことに

鉄道の「自動運転」は車よりも進んでいて、地下鉄や新交通システムなどでATO(自動列車運転装置)を用いた運行が実用化されています。さらにその先の一歩を踏みだすものとして、今度は自動運転による貨物列車の運行計画が持ち上がっています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL