肥満を回避するには体内時計を考慮して食事すべきだと研究者が指摘

1日の食事を考えたとき、朝は小食、昼と夜にしっかりとした食事を取る人が多いはずです。しかし、人間の体内時計を考慮すると、朝または昼に量の多い食事を取る方が、肥満解消にもつながり健康的な生活を送れる可能性が高いことが研究者によって示されました。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL