群衆の行動心理が科学的に解明されつつある

人混みの中にいるとパーソナルスペースがなくなり、不快な気持ちになることがあります。さらに人混みが過剰になると、将棋倒しが発生することがあり、最悪の場合、死に至ることすらあります。2017年にはアンゴラのサッカースタジアム、イタリアのサン・カルロ広場、モロッコの食糧援助で大きな群集事故が発生しました。これらの事故はとても悲惨ではありますが、科学者によると全て回避できるはずの事故だったとのこと。現在は、群衆事故の発生を最小限に抑えるための方法を検討しているそうです。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL