精神科医が診断する時に使う14のコツ

精神医学でうつ病など精神障害を診断する時に臨床医は、外科や内科の医師と違い、多くの場合、患者と話しただけで病名を論理立てて診断します。そんな、臨床医がどのような考え方と注意でもって診断をしているのを垣間見ることができる「精神障害の診断面接を行うための14のヒント」が医療保険情報を掲載するサイトPsych Centralに記されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL