米民主党全国委員会に侵入し機密情報を盗んだハッカー「Guccifer 2.0」がロシア連邦軍参謀本部情報総局の役員だと判明

アメリカ大統領選挙で共和党のドナルド・トランプと民主党のヒラリー・クリントンの両候補が熱戦を繰り広げていた2016年6月に、民主党全国委員会(DNC)のネットワークがハッキング被害を受けました。このハッキングを行ったとして名乗り出たハッカー「Guccifer 2.0」が、ロシア政府関係者だったとDaily Beastが報じています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL