社会を揺るがした2人の芸術家、クリムトとシーレの運命はどのように絡みあっていったのか?

鮮やかな色彩で女性を描くグスタフ・クリムトは甘美で妖艶な作風で知られていますが、作品には保守的な芸術界に対する反骨精神が根付いており、評されるもので、時には作品をめぐってショットガンを取り出すことも。そんなクリムトは30歳も年の離れた画家であるエゴン・シーレと深い絆がありました。自身のヌードスケッチを作品にしていたシーレとクリムトの人生がどのように絡み合っていたのか、BBCが記しています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL