眼鏡フレームの「ルックスオティカ」とレンズの「エシロール」の2社がトップに立てた理由とは?

眼鏡をかける人の人口は先進国で約70%に上るとされており、眼鏡市場は1000億ドル(約11兆円)規模と巨大なものになっています。この巨大な市場で2大企業として知られているのが「ルックスオティカ」と「エシロール」。ルックスオティカは眼鏡フレームなどを扱う企業、エシロールは眼鏡レンズなどを扱う企業としてそれぞれの業界でトップに立っていましたが、2社は2017年1月に合併に合意し「ルックスオティカエシロール」を設立することになっています。The Guardianは、ルックスオティカとエシロールの2社がどのようにしてそれぞれの分野でトップに立つことができたのか、その理由に迫っています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL