異様に長いURLから余分なゴミを自動で削除してシェアできる機能がGoogle Chromeに搭載される

インターネットのページを指定するURLは、情報を付加するパラメーターのせいでやたらに長い表記になることがあります。他人とページをシェアするときに、「ゴミ」のついた異様なまでに長いURL表記は不便なもの。GoogleのChromeアプリには、バージョン64から共有するときにゴミを自動で削除する機能が追加されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL