画像素材からデザインの似た大きな画像を生成する「WaveFunctionCollapse」

「WaveFuntionCollapse」は素材となるビットマップ画像を基に、何枚も画像をつなぎ合わせたり、角度を変えたりなどして、元の素材に似た大きな画像を作り出せるとのこと。たとえば、自作のゲームを作るような場合、そこまで個性を持たせる必要のないマップやフィールドを作るときに素材となる画像を読み込ませて、デザインを自動生成することにも使えそうです。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL