男性用ピルの実現が最新研究によって現実味を帯びる

避妊の手段の一つとして用いられる経口避妊薬(ピル)は、一般的に女性用が服用するものとされています。男性用の避妊薬はこれまでも研究・開発されてきましたが、2016年に有用性が確認されたホルモン注射は「うつ病や性欲低下などの有害な副作用」を引き起こすことがあるなど、実現にはほど遠いものでした。しかし、今回研究で発表された新薬には、深刻な副作用がないことが確認されており、安全で効果的な男性用ピルが誕生する可能性があるとのことです。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL