男性が多すぎて結婚できず女性を他国から輸入するという恐るべき中国の国内事情に迫る

2015年の国勢調査の結果、日本では50歳まで一度も結婚したことがない人の割合を示す「生涯未婚率」が男性で23.37%、女性で14.06%となっており、2010年の結果と比べて急上昇したことが発表されています。結婚に関する問題は日本だけのものではなく、中国やインドでは男児が生まれるよう調整される傾向があったことから男性の数が女性の数よりも多くなり、結果として未婚男性が社会問題化。国外から花嫁を輸入するという状態になっているとThe Mercury Newsが伝えています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL