無料で映画「PAPERS, PLEASE」公開、入国審査官になり不法入国者を突き止めるゲームを映像化

架空の共産主義国家「アルストツカ」で働く入国審査官となり、普通の旅行者の中に紛れる敵国のスパイやテロリストなどを見分けるゲームが「Papers, Please」です。2013年に公開されたこのゲームは各所で高評価を得ており、初めはPC版しかなかったものの、記事作成時点ではiPad版やPSVITA版も登場しています。そんな人気ゲームがまさかの実写映画化されることが明らかになり予告編が公開されていたのですが、ついにYouTubeおよびSteam上で本編が無料公開されました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL