火星に向かうNASAの超大型有人ロケット「SLS」の開発施設とエンジニアたちの意気込みを収めたドキュメンタリームービー「How to Build a Rocket to Mars」

火星に向かう人類初の有人宇宙飛行船であり、SpaceXの「Falcon Heavy」を越えて世界一大きく人類史上最もハイパワーな打ち上げロケットとなる予定のSpace Launch System(SLS:スペース・ローンチ・システム)は、NASAの施設 Michoud Assembly Facility (ミシュー組立工場)で、NASAとボーイングのスタッフにより共同開発されています。そんなスタッフたちと巨大なSLSの開発風景を共に撮影したドキュメンタリームービー「How to Build a Rocket to Mars」がYouTubeのGreat Big Storyチャンネルで公開されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL