海でたった1人で75時間も漂流したとき、どうすれば生き残ることができるのか?

「助けが来ないなか、海に取り残され漂流する」という空想に恐怖を抱く人も多いはずで、これをテーマに製作された2003年の映画「オープン・ウォーター」は1300万円という低予算で製作されたものの最終的に全世界で60億円もの興行収入を上げています。そんな恐怖映画さながらの状況に追い込まれた時に、何をすれば生存確率が上がるのかということが、ケーススタディーによって示されました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL