段落のロック&暗号化によりオンラインでの共同編集の不安を解消するネットサービス「Airborn」

議事録や資料などを複数人で共有し共同で編集したい場合に気になるのが、のぞき見されないかというセキュリティ面と、同時に同じ箇所を変更してしまい混乱を招かないかという点です。オンラインエディタ「Airborn」はAESによる暗号化を行うことで、ハッキングによるのぞき見はもちろん、サービス提供者のAirbornによるのぞき見も防いでいます。また1つの段落を同時に2人以上で編集できないようになっており、バッティングによる混乱を避けることができます。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL