欧州6カ国が共同でAIの研究を行う「AI研究ハブ」を構築へ、アメリカへの人材流出の阻止を狙う

フランスとドイツに加え、オランダ、イギリス、スイス、イスラエルの6カ国にまたがるAI研究機関の設立に向けた動きがヨーロッパで起こっています。ヨーロッパでは優秀なAI研究者がアメリカ企業に次々と引き抜かれるという状況があり、これに危機感を抱いた研究者グループがヨーロッパにおけるAI研究体制の立て直しを図って各国政府に書簡を送っています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL