最も「安全」なメッセンジャーアプリ「Signal」がGoogleに続いてAmazonからもBANされ一部の国で利用不可能な状態になる

アメリカの電子フロンティア財団が「最も秘匿性が高く安全なメッセンジャーアプリ」という最高評価を与えた「Signal」は、その秘匿性の高さゆえ一部の国からアクセスを遮断されるなどの問題に直面しています。この事態を免れるため、Signalは「ドメイン・フロンティング」と呼ばれる手法を採用していたのですが、踏み台にされていたGoogleやAmazonは相次いでサービスの設定を変更して、ドメインフロンティングを無効化。この結果、Signalはこれらの国でのサービス継続が困難な状態に追い込まれてしまうという状況に陥っています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL