春画の名作「葛飾北斎作 蛸と海女」を立体化、歴史的名画を立体造形表現として追求

葛飾北斎による1820年頃の艶本「喜能会之故真通」(きのえのこまつ)の中の木版画の一枚として有名なあの名作「蛸と海女」を海洋堂が立体化してしまったことをワンフェス2018[冬]の会場内で察知、速攻で撮影しに行ってきました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL