映画「未知との遭遇」に登場した人工言語と似た仕組みで音階を使用する「ソルレソル」とは?

文化的背景を持って自然に発展し、現在でも国家や民族によって用いられている自然言語とは違い、特定の個人や団体によって語彙・文法などが定められて作られた言語のことを人工言語と呼びます。人工言語として有名なものには1887年に発表されて世界的にも認知されているエスペラント語や、J・R・R・トールキンが「ホビットの冒険」「指輪物語」などの作中に登場させたアルダの言語、そしてスティーヴン・スピルバーグ監督の映画「未知との遭遇」に登場した人工言語と似た仕組みを持つ「ソルレソル」があります。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL