日付を元にバージョンを定める「カレンダー・バージョニング」という考え方

現在までにさまざまなソフトウェアが開発されてきましたが、その開発において、プロジェクトの大小を問わず問題になってくるのがソフトウェア同士の依存関係です。バージョン管理はその正確な依存関係を指定するのに役立ってきました。現在、バージョンの管理方法は2つあり、一つは例えば「3.1.4」というような点で区切られた数字で、もうひとつはリリース日の日付や時間を組み込んだ「CalVer」と呼ばれるものです。CalVerがどのようなバージョン管理を行うのかを見ていきます。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL