拳や指をポキポキ鳴らす「クラッキング」音の正体とは?

握った拳を反対の手で包み込んで「ポキポキ」という小気味よい音を鳴らす行為は、ケンカなどの前に相手を威嚇する目的で行われ、英語圏では「クラッキング」や「ポッピング」ともいわれます。クラッキング音の原因は「関節内の気泡が爆発する音」ともいわれていますが、最近の研究では「音は気泡が形成される時に鳴る」という説も唱えられています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL