思春期の少女の性器がどのように発達していくのかを説明したガイド

女性器の美容整形「デザイナー・ヴァギナ」は高額な費用を要し、専門家から「危険だ」という指摘されています。しかし、「ラビアプラスティ」と呼ばれる手術は実際に行われており、イギリスの国民保健サービスの調査によると、2015年から2016年の間で、18歳以下の少女200人以上、15歳以下の少女150人以上がイギリスでラビアプラスティを受けたとのこと。25歳未満のセクシャル・ヘルス&ウェルビーイングを支援するチャリティ「Brook」は、このような状態を受けて性教育の一環として「思春期において女性器はどのように変化するのか」ということを記したガイドを公開しました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL