心の中の「不安」の出どころとなる「不安細胞」を光を使ってコントロールすることに成功

コロンビア大学とカリフォルニア大学サンフランシスコ校の神経科学者たちが、マウスが不安を感じた際に、脳内の特定の細胞が発火し不安を感じた際に取る行動を誘発していることを発見しました。この細胞は「不安細胞」と名付けられ、人間の脳内にも存在する可能性が示唆されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL