廃棄コンピューターのリサイクルを訴えた近未来感あふれるフォトアートが作られる

驚くべきことに、2010年の調査によるとアメリカでは1日で14万2000台ものコンピューターがリサイクルされずに廃棄されているとのこと。コンピューターには貴重な金属や電子部品が使われており、企業のリサイクルサービスを利用すれば資源が有効活用できるにもかかわらず、関心の低さからリサイクル率は低いままです。写真家のBenjamin Von Wong氏はそんなコンピューターのリサイクルに関心をもたらすため、「リサイクルされたコンピューターで芸術作品を作る」試みを行っています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL