宇宙は地球からいったいどれだけ離れているのか?

ユーリイ・ガガーリンが人類として初めて宇宙飛行を行い、「空は非常に暗かった。一方、地球は青みがかっていた」と話した50年以上前に比べて、現代は宇宙がずっと身近になりました。日本人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで活躍するニュースもたびたび報じられますが、果たして地上から何メートルの高さから「宇宙」と呼ぶべきなのかという疑問について、グリニッジ王立天文台がアップロードした以下のムービーで説明されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL