口の中で生地が溶けるという天才生地職人のスコーンを「デメララベーカリー」で食べてみました

「中学生の時に町一番のパン職人の手の動きをウィンドウ越しに観察し、数日後にはまったく同じ形のペストリーを作った」という逸話を持つ、世界大会優勝実績を誇るベイク職人にコーンウォール在住のライアン・スメドレーという人物がいます。このスメドレーさんのレシピによるスコーンを日本で提供する「デメララベーカリー」に行って、「口の中で生地が溶ける」というスコーンを食べてみました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL