友人の釈放を早めるため刑務所のシステムをハックした男性が刑務所行きになる

アメリカのミシガン州に住むコンラッズ・ヴォイツ氏は、友人を早期に釈放するため刑務所のコンピューターシステムをハッキングし、刑務所記録の改ざんに成功しました。しかし、刑務所はデータの改ざんにいち早く気づいたため、友人の釈放は実現せず、ヴォイツ氏は懲役7年3カ月の実刑判決を受けることになりました。この事件の詳細な経緯を海外メディアのGIZMODEが公開しています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL