化学療法を受けても再発リスクが中程度の乳がん患者には意味がなかったことが研究で示される

再発の可能性がある乳がんの患者には化学療法が行われることがありますが、「この化学療法に実際の効果があるのか?」ということはこれまで明確になっていませんでした。新たに行われた1万人のがん患者を対象に行った研究によって、「中程度の再発リスクを持つ乳がん患者は、化学療法を受けても受けなくても再発リスクは変わらない」ということ明らかになりました。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL