加齢による視力低下を幹細胞の網膜インプラントで食い止めるという研究

萎縮型加齢黄斑変性による視力低下を幹細胞ベースの網膜インプラントを使って食い止めることに成功したと、USC Roski Eye Instituteの研究者・臨床医らと複数のカリフォルニアの研究機関による共同研究チームが報告しました。この研究はフェーズ1・フェーズ2の臨床試験を終えたところで、研究内容はScience Translational Medicineに発表されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL