充電器に挿しっぱなしにしていたノートPCが爆発して辺り一面丸焦げに

イギリス・レッチワースで「Allplas」という布屋を経営しているスティーブ・パフェットさんは、事務所のデスク上でHP製のノートPCを充電したまま帰宅しました。すると、充電器につながれたままのノートPCが夜間に爆発し、事務所の一部を破壊してしまうという事故が発生。パフェットさんは約半年もの間仕事が行えないという事態に陥っているとのことです。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL