個人開発の「猫型自律ペットロボット」をキットで量産するプロジェクト「OpenCat」

バク宙すら可能なほどの運動能力を身に付けたロボット「Atlas」や、ドアノブをつかんでドアを開ける四足歩行ロボットなど、技術の進化と共に、マンガやアニメの中の存在と思われていたロボット技術はより進歩しています。また、より私たちに身近な存在として、例えばソニーから発表された新しいaiboやユカイ工学の尻尾だけを動かすクッション型ロボットQooboのようなペットロボットの分野も期待されています。そんな中で、猫型のペットロボットを自作できる教育用市販キットの量産を目標としてスタートしたプロジェクトが「OpenCat」です。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL