便利だけどちょっぴり怖い気もしない? iOS 12はAirDropでパスワードを共有できる

便利さ半分、怖さも半分

MacRumorsによると、iOS 12 のベータ版ではパスワードマネージャー(iOS 11では「設定」→「アカウントとパスワード」→「AppとWebサイトのパスワード」)からWebサイトやアプリのパスワードをコピーし、AirDropで周囲のユーザーに送信できるとのこと。

たとえば、パートナーから「映画館の予約したいからログインパス教えて〜」なんて言われたときに、はいどうぞ、ピピピッってすぐに渡せるわけですね。

これには送るほうも送られるほうも、Touch IDやFace IDによる認証が必要。macOS Mojave(モハベ)ではパスワードによる認証が必要になります。このしくみなら、iMessageに貼って送るなんて方法よりも安全かもしれませんね。

とはいえ、周囲のユーザーとすんなり繋がれるAirDropです。カジュアルなんだけど、パスワードをやり取りするとなると、なんとなくだけど、ちょ〜っと怖い気もしません? 僕だけですかね…?


Image: Apple, Mac Rumors
Source: Mac Rumors

(小暮ひさのり)

Source: gizmo

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL