作業しながらだと記憶がほんのわずかしか保持できない理由とは?

短い時間の中で情報を保持し、同時に処理するための能力である「ワーキングメモリ(作業記憶)」は、同時に4つ、ないし5つまでしか保持できないとされています。なぜそんなに少ない数値にとどまってしまうのかのメカニズムが、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究により解明されています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL